スマイルリフトはたるみ治療に効果がある美容整形術

スマイルリフトはたるみ治療に効果がある美容整形術の一つです。
やり方としては、口の周りに医療用レーザー照射することでたるみを改善します。


効果が大きい治療法であり、一回目のレーザー照射で多くの人が効果があることを感じると答えています。


ただ、リフトアップに関しては効果がありません。
ですので、どちらかというとサーマクールのような働きをする治療法と考えた方が良いといえます。

治療の働き

この治療法のメリットとしては、重ねてレーザーを照射するとより劇的な効果を引き出すことが可能なことです。

二回目の照射で従来のほかのレーザーでは得ることが難しかった自然な若さを引き出せます。


理由としては、従来のレーザーでは肌を傷つけることで強制的に変化させていました。
しかし、スマイルリフトでは熱損傷が無い部位が変化するように配慮しています。


自発的な組織の修復作用をサポートするため、自然な若々しさをよみがえらせることができます。
スマイルリフトを三回受けると、サーマクールよりも劇的に変化するところが出てきます。


皮膚や脂肪が柔らかかったり、あるいは加齢による変化によって皮膚が薄くなり
ゆるみを生じている人にとってはより変化を実感できますので、人気のある治療法です。

この方法で薬剤浸透性は促進されるのか


この方法で薬剤浸透性が促進されるのかというと、結論としてはされません。
その理由は、薬剤の分子量が大きいため皮膚を通り抜けられないからです。


そもそも、ほぼあらゆる物質は皮膚を透過することはありません。
例外として、分子量が小さい筋肉痛などに使用されるごく一部の塗り薬であれば皮膚を透過するものもあります。


また、水は分子量が小さいため皮膚を浸透します。
お湯につかると皮膚がふやけてくるのは、水が皮膚を透過する証明といえます。


美容法で薬剤を使用したものには、ケミカルピーリングが挙げられます。
ケミカルピーリングは、肌に薬剤を塗ることによって、肌表面にこびりついている
古い角質を取り除くという治療法です。


ただ、この場合は目的がそもそも違うため、スマイルリフトと併用されることはないです。
化粧品も肌に浸透するイメージでよく宣伝広告が出されていますが、実際には
毎日のメイクなどでケアしないとなかなか効果を持続させるのは難しいです。

効果の持続が難しい


この方法を使ったからといって薬剤浸透性が促進されませんが、毎日のメイクによる保湿は大事です。
薬剤浸透性が促進されるわけではないため、ほかの薬剤との併用はできないものの
HIFUなどの方法を組み合わせることでより相乗作用が見込めます。


美容整形クリニックでも、HIFUなどの方法と併用することは効果が大きいため推奨されています。